light from distance
music/lyrics:Ryuga
真実は遠く総てを語らず
悲しみの底に届く
彼方の呼び声

生まれ来てそして触れた総てを
抱えて死に行く
永遠の時間をその想いは漂う

light from distance
彼方へ続く旅路の果てに
雲を切り裂く一筋の光

生まれ来てそして今を生きやがて
土に還る
何もかもそこに無かったかのように

light from distance

果ての無い
道を…
何もかも触れる度に痛くて
凍える霧の中あてもなく

枯れた道を独り歩いて行く
ひび割れた天を見上げ

far away from my road
I believed
この手を伸ばせたなら
閉ざされた荊の大地に
祈りを捧げて

light from distance
彼方へ続く旅路の果てに
雲を切り裂く一筋の光

生まれ来てそして今を生きやがて
土に還る
何もそこに無かったかのように

目を背けた季節は風に流され
何を抱え何を信じていた?
陽炎のような夜は明けて
止まらない鼓動にまだ
無くしていない今を
もう一度垣間見る為に

light


Illustration:Ryuga