霧がかる カタリナの丘  ゆらゆらと揺れる灯

鳴り響く鈴の音は遠く  漂うは幻惑の香か


ハイイロの空の下   道化の笑い声
とめどなくはしゃぐ影  騒がしく続く

あー
海を越えどこまでもゆく彼等に何も意味はない

見渡せば白く霞む街   近づくは壊れた死のメロディー

少女は何も見えず 過ぎ去った後は
どこにも誰もいないの?消えてしまったの?

あー
それは白昼のまやかし奇術のように
ゆらゆらりゆらり 揺らめき消える
夢を連れ何処までも行く彼等に   何も意味はない


あー
海を越え何処までもゆく彼等に 何も意味はないけれど

この旅は死を纏い舞う春の風にのり
何処までも 何処までも  いつまでも 続いてく

霧がかる カタリナの丘  ゆらゆらと揺れる灯
鳴り響く鈴の音は遠く  漂うは幻惑の香か

Smoky Hill

music:Maju
lyric;Ryuga